箸で持っているうどんの麺

梅田はがくれ 本店

梅田はがくれ 本店

大阪駅前第3ビルにある「梅田はがくれ本店」は、うどん好きなら誰もが知っている大人気のうどん屋さんです。 大阪駅前第3ビルと言えばサラリーマン御用達のディープな飲食街。 梅田はがくれ本店はどこか下町情緒漂う、第3ビルにぴったりの雰囲気。 カウンター14席のみの小さな店内はいつも満席、それどころか行列までできるほど! ただ、麺類なのでかなり回転は速く、少し待てばすぐに座ることができます。 梅田はがくれ本店に行ったらまずは生じょうゆうどんを食べてみて下さい。 他のメニューを頼もうとしても店員さんから生じょうゆうどんを勧められることがあるほどお店自慢の看板メニューです。 まずカウンターに置かれるのは皿に盛られた麺のみ。すだちとネギ、大根おろしが盛り付けられています。 生じょうゆうどんと言うくらいですから、そのまま醤油をかけて混ぜて食べてしまいそうになりますが、ここは食べたい気持ちをぐっと抑えて店員さんからのレクチャーを待ちましょう。 梅田はがくれ本店には食べ方があって、初めてのお客さんには食べ方を教えてくれるんです。 そして、この生じょうゆうどんは「絶対に」最後まで混ぜてはいけません。 これは店員さんからも再三注意されます。 生じょうゆを垂らしたら、まずは箸でうどんを2本だけつまんで高く持ち上げます。 そしてそこからはスピーディーに麺をすすり上げるんです。 醤油の掛け方にもこだわりがあって、さっと2往復。これ以上でもこれ以下でもいけません。 一々決まりが多いな!と思うかもしれませんが、まずは騙されたと思ってこの食べ方で食べて見てください。 この食べ方で食べる梅田はがくれ本店のうどんは、まるで刺身のようだといわれるほどぷりぷりで、さっぱりとした絶品のうどんなんです。